山口県宇部市のロボット・プログラミング教室、アクシオン

プログラミング教育

無限の可能性を秘めた子供たちの未来が広がります。
「考える力」を育てるアクシオンです。

アクシオンのプログラミング教育

アクシオンのプログラミング教育はアクティブラーニングという考え方を大事にしています。

アクティブラーニングとは、教師が講義などを通して一方向的に伝える知識を覚えこんでいくだけでなく、子供たち自らが主体的に考えて参加していく授業のことです。

2020年センター試験廃止

2020年から、センター試験が廃止され「思考力・判断力・表現力」を重視し、今までのような受動的な学習では対応できなくなります。「自ら問題を発見し、その解決に向けて探求し、その成果を表現することができる」ということが、グローバル時代を生き抜いていくための力として求められるようになります。

また、「21世紀型スキル」にも関心が集まっています。批判的思考力・問題解決能力・コミュニケーション能力・コラボレーション(ちーむわーく)能力・自立的に学習する力など「21世紀型スキル」と言われているこれらの能力がこれからの社会で必要になってきます。

小学校でのプログラミング教育が必修化

同じく2020年からは小学校でのプログラミング教育が必修化されますが、 ロボットプログラミング教育は、「21世紀型スキル」を身につけるのに最適な方法と言われています。

アクシオンのプログラミング教育

アクシオンのロボット教室やプログラミング教室に参加することで、プログラミング教育への子供たちの抵抗を軽減することが可能です。

授業は毎週または隔週1度ですので、進学塾やスポーツクラブのように気軽に始めていただけます。

アクシオンの特徴

子供たちの能力を育てる

集中力、観察力、感性、発想力、思考力、創造力、問題解決能力、論理的思考など、これからの社会で求められている「21世紀スキル」を楽しみながら自然と身に着けていくことができます。

レベルの高いスタッフ

スタッフは、現役のエンジニアやITについて専門学校や大学で学んできた知識豊富な人ばかりです。また、指導にあたってはアクシオン独自の研修を受講させておりますので、どのスタッフも質の高い授業を同じ教育方法で指導していくことが可能です。

振替受講が可能

クラスの人数調整がございますので、基本的には入学時に決めていただいた曜日・時間での受講となりますが、事前に連絡いただいた場合は別の日に参加いただくことも可能です。(コースによってはできない場合があります。)

 

まずは無料相談をご利用ください。

ソーシャルボタン

こちらの記事も読まれています。

  • 小学生向けプログラミング教室のポイント小学生向けプログラミング教室のポイント 2020年以降で、小学生でのプログラミングの授業が必修科目となる、学習指導要領改定案をが発表されました。そのため、当教室では小学生向きの言語であるScratch(スクラッチ)を用いて勉強を進めていきます。クラスによっても順に難易度があがるようなクラス分けとなっています。 […]
  • プログラミングのとっかかりによいおもちゃプログラミングのとっかかりによいおもちゃ プログラミングは、文字が読めないとなかなか難しいのですが、文字が分からなくてもプログラミングを体感できるおもちゃもあります。 ・Code-a-pillar(Fisher-Price):虫の体節をつなげるおもちゃで、繋ぐ順序で動きが変化するします。繋ぐことがプログラミングに通じるものがあります。 ・Robot […]
  • 現役東大生がアドバイザーに!現役東大生がアドバイザーに! 卒業生の現役東大生がアクシオンのアドバイザーを引受けてくれました。 彼は今年の春に東京大学工学部に推薦で合格! 勉学だけではなく東大ならではの人脈をいかし、ベンチャー企業の経営者からいろいろなことを学んでいるそうです。 また”異色の東大生集団「東京大学フロンティアランナーズ(略:UTFR)」”のメンバーとしても全国で活動をしてるみたいです。 「UTFR」っ […]
  • RoboRAVE 九州大会 準優勝RoboRAVE 九州大会 準優勝 「プログラミング道場」の生徒(小6)が、9月1日に福岡で行われた「RoboRAVE九州大会」に出場しました。 結果は、なんと準優勝です。 準優勝したロボットです。 […]
  • 論理的思考力を身に着けることができました。論理的思考力を身に着けることができました。 【第一志望の大学に合格したK君】私はこれからの時代プログラミングが必須になると思い、教室に通い始めました。 完全な初心者でしたが、基礎から丁寧に教えてもらい戸惑うことなく学ぶことができたと思います。 教材は小さいころから遊んでいたLEGOを基にしたもので、イメージしていた英字の羅列を書くようなものではなかったのでとても使いやすかったです。 […]
PAGE TOP