山口県宇部市のロボット・プログラミング教室、アクシオン

  読み・書き・プログラミング - アクシオン

読み・書き・プログラミング

ロボット・プログラミング教室の室長です。

私が子供のころは「読み・書き・そろばん」って言っていた記憶がありますが、最近は聞かない気がします。

もう言わなくなってしまったのでしょうか?

でも最近では「読み・書き・そろばん」のかわりに「読み・書き・プログラミング」って言葉を聞くようになりました。「プログラミング」のところが他のプログラミングに関係する用語が使われていることもあるようです。

昔は「字が読める」「字が書ける」「計算ができる」これさえできれば社会に出ても暮らしていける。その意味だったと記憶しています。

「そろばん」が現代は「プログラミング」に変わりました。

決して「そろばん」がダメということではありません。「そろばん」も計算する道具ですから「プログラミング」の中に含まれ、もっと多くの要素を含み進化して「プログラミング」に変わったと考える方がいいでしょう。

自分の息子2人も「そろばん教室」に通わせました。長男は卒業しましたが次男は、まだ続けています。

「読み・書き」は今も変わらず必要なことですが、いまは日本語だけでなく外国語、特に英語が必要な要素になっています。

英語ができるかできないかだけでも、将来の職業の選択がかなり変わるはずです。

なぜ「プログラミング」に変わってしまったのか?

基礎知識となる情報はインターネット検索すれば簡単に知ることができる時代です。情報の蓄積や検索はコンピュータが得意とするところですから、何年もつらい思いをして覚える必要が無いのでは? と、考えてしまいます。

しかし、より便利に暮らすため新しい物を作り出すためには基礎知識や常識が必ず必要になります。

基礎知識や常識をもとに新しい物(こと)を「考える力」が必要不可欠になります。

だから「読み・書き・そろばん」が「読み・書き・プログラミング」に進化したのでしょう。ただし、この「プログラミング」は、文法を知っているということではなく、「プログラミング的思考」と考える方がいいでしょう。

基礎学力と応用力(考える力) どちらも大事です。

 

最後に私からみて息子2人に「そろばん教室」に通わせてよかったと思うことを少しだけ・・・

数学が嫌いな人は、数字を見るだけで嫌だと聞いたことがありますが、2人はまったくそんな様子はなく計算する作業も苦痛ではないようです。

何よりも良かったことは、うまく表現できませんが「数字(数値)」の感覚が自然と身に付いていると感じることでしょうか、この感覚が勉強はもちろん、日常生活でも役にたっていると思います。

 

まずは無料相談をご利用ください。

ソーシャルボタン

こちらの記事も読まれています。

  • 新型コロナウイルス感染症対策推進宣言実施店舗新型コロナウイルス感染症対策推進宣言実施店舗 宇部市の「新型コロナウイルス感染症対策推進宣言実施店舗」のページに掲載していただきました。
  • レゴロボットを使ったプログラミング教室レゴロボットを使ったプログラミング教室 当教室のロボットは、レゴを使用しています。ただ、ロボットを動かすプログラミングをするだけでなく、グロックを組み立てることから行うことで、手で感じて目で見て、空間を捉えるという感性を育んでいきます。ギアやモーターの仕組みも理解しながら、力学なども作業を通して体で学ぶことができます。 […]
  • 今どきの子供たちのパソコンとの関係について今どきの子供たちのパソコンとの関係について 今どきの子供たちは、生まれた時からパソンコンなどの機器と密接に関わって生きてきています。さらに、子供たちが生きて行く未来では、パソコンがなければ生活ができないような環境になることは間違い無いでしょう。パソコンを使えることが必須の世界へとなっていくのでしょう。 […]
  • 卒業生が東大合格!卒業生が東大合格! 「ロボット・プログラミング教室」の卒業生が、推薦で東京大学に合格しました。いい結果がでて本当に良かったです。 […]
  • 現役東大生がアドバイザーに!現役東大生がアドバイザーに! 卒業生の現役東大生がアクシオンのアドバイザーを引受けてくれました。 彼は今年の春に東京大学工学部に推薦で合格! 勉学だけではなく東大ならではの人脈をいかし、ベンチャー企業の経営者からいろいろなことを学んでいるそうです。 また”異色の東大生集団「東京大学フロンティアランナーズ(略:UTFR)」”のメンバーとしても全国で活動をしてるみたいです。 「UTFR」っ […]
PAGE TOP