山口県宇部市のロボット・プログラミング教室、アクシオン

  読み・書き・プログラミング - アクシオン

読み・書き・プログラミング

ロボット・プログラミング教室の室長です。

私が子供のころは「読み・書き・そろばん」って言っていた記憶がありますが、最近は聞かない気がします。

もう言わなくなってしまったのでしょうか?

でも最近では「読み・書き・そろばん」のかわりに「読み・書き・プログラミング」って言葉を聞くようになりました。「プログラミング」のところが他のプログラミングに関係する用語が使われていることもあるようです。

昔は「字が読める」「字が書ける」「計算ができる」これさえできれば社会に出ても暮らしていける。その意味だったと記憶しています。

「そろばん」が現代は「プログラミング」に変わりました。

決して「そろばん」がダメということではありません。「そろばん」も計算する道具ですから「プログラミング」の中に含まれ、もっと多くの要素を含み進化して「プログラミング」に変わったと考える方がいいでしょう。

自分の息子2人も「そろばん教室」に通わせました。長男は卒業しましたが次男は、まだ続けています。

「読み・書き」は今も変わらず必要なことですが、いまは日本語だけでなく外国語、特に英語が必要な要素になっています。

英語ができるかできないかだけでも、将来の職業の選択がかなり変わるはずです。

なぜ「プログラミング」に変わってしまったのか?

基礎知識となる情報はインターネット検索すれば簡単に知ることができる時代です。情報の蓄積や検索はコンピュータが得意とするところですから、何年もつらい思いをして覚える必要が無いのでは? と、考えてしまいます。

しかし、より便利に暮らすため新しい物を作り出すためには基礎知識や常識が必ず必要になります。

基礎知識や常識をもとに新しい物(こと)を「考える力」が必要不可欠になります。

だから「読み・書き・そろばん」が「読み・書き・プログラミング」に進化したのでしょう。ただし、この「プログラミング」は、文法を知っているということではなく、「プログラミング的思考」と考える方がいいでしょう。

基礎学力と応用力(考える力) どちらも大事です。

 

最後に私からみて息子2人に「そろばん教室」に通わせてよかったと思うことを少しだけ・・・

数学が嫌いな人は、数字を見るだけで嫌だと聞いたことがありますが、2人はまったくそんな様子はなく計算する作業も苦痛ではないようです。

何よりも良かったことは、うまく表現できませんが「数字(数値)」の感覚が自然と身に付いていると感じることでしょうか、この感覚が勉強はもちろん、日常生活でも役にたっていると思います。

 

まずは無料相談をご利用ください。

ソーシャルボタン

こちらの記事も読まれています。

  • Arduinoでタッチセンサー Arduinoでタッチセンサー  夏休みの工作でタッチセンサーをArduinoで使用することになり見つけた資料を今後のためにリンク先を記載しておきます。備忘記録です。 […]
  • WeDo2.0のモーター誤動作の回避WeDo2.0のモーター誤動作の回避 WeDo2.0のモーターを動かしたとき、プログラムで指定した向きと一瞬違う動きをすることがあります。 何度動かしても前回モーターを動かしたときの向きを覚えているとしか考えられない動きです。 原因はよくわかりませんが回避方法をみつけました。     一度パワーを「0」に設定してから回転方向を設定し、最後にパワーを設定すると、指定した方向 […]
  • プログラミング学習をすることのメリットプログラミング学習をすることのメリット プログラミング学習で得るこができるのは、「自分が目的としていることを行うには、どんなことをすれば良いのかという理論的な思考」です。この理論的思考は、プログラミングの指示書の作成により育まれていきます。 […]
  • 360度VRツアー道案内360度VRツアー道案内 360度VRツアー版の道案内を作成してみました。 画像内の「↑」をクリックすると次の場面に移動します。
  • 生徒が作成したラインセンサー生徒が作成したラインセンサー ロボカップジュニアのライトウエイトに出場するため、製作中のロボットに搭載予定のラインセンサーを生徒が作成しました。 製作に必要な情報は本人がネットで集めてましたが、電子回路の読み方、部品の調達や使い方はアドバイスしました。 ロボットに搭載したところを早く見たいです! […]
PAGE TOP