山口県宇部市のロボット・プログラミング教室、アクシオン

RoboRAVE

RoboRAVE UBE オープン大会

「ロボット・プログラミング教室 アクシオン」の活動として、山口県では初となるRoboRAVE UBEオープン大会を開催します。

RoboRAVEでは、コンピュータを使ってロボット動作のプログラミング学習や操作を体験する事を通して、子供の科学とものづくりの興味・関心を高め創造力、柔軟な思考力や、論理的思考力を育む事を目的としています。

ロボットを使った競技大会は昨今色々と開催されておりますが、競技ルールが年々難しくなってきております。 ロボットを最近触り始めたばかりの子供達にとっては、そのハードルは高く大会に出場する事がなかなか困難な状況です。

このRoboRAVEはそんなこれからロボットを始めてみたい方や、最近始めたばかりの方でも出場できるハードルが低い大会です。

RoboRAVEには数種類の競技種目がありますが、今回は「a-MAZE-ing Challenge」のみ行います。

大会の概要

「RoboRAVE UBE オープン大会」

会場:宇部フロンティア大学付属中学校 多目的ホール(三号館三階)
   (山口県宇部市文京町1番25号)

   ※会場は土足厳禁です。スリッパ等を各自でご準備下さい。

日程:2018年8月26日(日曜日)

大会スケジュール:10:30 開会式
             大会コース発表及び練習開始
         12:00 休憩
         13:00 練習再開
         14:00 大会スタート
         16:30 表彰式及び閉会式
※時間が前後する場合があります。
※食事は各自でご準備下さい。

参加費:3,000円/1人あたり(税込)

定員:40名

参加資格:小学校4年生〜中学3年生
     1名〜4名でチームを作って参加。
     小学生と中学生の混合チームは中学生の部とします。

競技種目: a-MAZE-ing Challenge

競技ルールRoboRaveOsakaのルールを基本とし一部ローカル・ルールとします。

大会参加方法

申込方法:申込書に必要事項を記入のうえFAXまたは申込書をPDFに変換しメールでお申込み下さい。
             FAX:0836-29-6024   Mail:info@axion.co.jp

申込締切日:2018年8月10日

レンタル:大会に出場可能な教室オリジナルロボットとノートPCを8セット用意しています。レンタル機材で参加ご希望の方は参加申込前に電話にて予約をお願い致します。
※レンタルご希望の方は大会前日の事前講習会に必ず参加してください。大会当日に操作指導はできません。
※レンタルは大会当日のみです。

レンタル料:3,000円/1セット(税込)

支払い方法:大会参加料及びレンタル料は大会当日受付にてお支払下さい。

申込書

大会ルール

競技ルール

・100%自律のプラットフォームであること。(コントローラーなどの遠隔操作は不可)
・外部センサーは禁止とします。ただし、エンコーダーのような内部センサーは使用を認めます。
・3分以内に木で組まれたコースを走破します。
・チャレンジに回数制限はありません。
・各直線・コーナーを突破するごとに、それぞれ50点・100点が与えられます。
・時間内にコースから落ちるなど、走行不能とみなされた場合、競技は終了し、その時点で獲得したポイントがそのままスコアとなります。
・3分以内に走破した場合、残った秒数の整数部分がボーナスポイントとして加えられます。
・スコアリングの時間内に得た、上から5つまでのスコアの総計で各部門の順位を決めます。
・全部門とも同一のトラックを使用しますが、各部門でフィニッシュラインが違います。
・競技は参加者のみで行います。監督者(保護者)は見学になります。

 

フィニッシュライン

・小学生の部は3つ目の角を抜け、4つ目の直線を抜けたところとします。
・中学生の部は5つ目の角を抜け、6つ目の直線を抜けたところとします。

 

トラックの特性について

・コースには木材を使用します。
・コースに使われる木材は幅約25cmのものを使用します。
・コースのデザインは大会当日に公表します。なお、直線は30.5cm~366cmの間で様々な長さで作られ、 曲がり角は左右45°、90°、135°のいずれかの角度でつくられます。

※画像の各コースは今回の大会で使用するものであはりません。

 

 

まずは無料相談をご利用ください。

アクシオンでは各種多様なプログラミング学習カリキュラムをご用意しております。

プログラムに興味を持ち始めた子どもさんから、もっと本格的なことを習いたいという方まで、幅広いカリキュラムでそれぞれのレベルに合わせた学習を提供しております。まずはお気軽にご相談ください。相談は無料です。

無料相談についてのご相談はこちら

ソーシャルボタン

こちらの記事も読まれています。

  • SQL Serverでデータベースミラーリング(その3)SQL Serverでデータベースミラーリング(その3) ミラーリング設定準備に入ります。 データベースのバックアップ 元になるデータベース(プリンシパル)のバックアップが必要になるのですが、「完全復旧モデル」でないといけないようで「単純」「一括ログ」はミラーリングがサポートされてないようです。 まずは「完全復旧モデル」になっているかを確認します。 Microsoft SQL Server […]
  • SQL Serverでデータベースミラーリング(その1)SQL Serverでデータベースミラーリング(その1) SQL […]
  • SQL Serverでデータベースミラーリング(その2)SQL Serverでデータベースミラーリング(その2) データベースミラーリングの続きです。 「SQL Server のサービス」をクリックします。   ワークグループでミラーリングを構成する場合「SQL Server […]
  • SQL Serverでデータベースミラーリング(その4)SQL Serverでデータベースミラーリング(その4) いよいよミラーリング構成の設定です。 元になるデータベース側(プリンシパル側)で右クリックし、「タスク」「ミラー」を選択します。 プロパティが開いたら「セキュリティの構成」をクリックします。   「次へ」をクリックする。   今回は監視サーバを設置しないので「いいえ」を選択して「次へ」をクリックします。 […]
  • パソコンゲーム・アプリの開発パソコンゲーム・アプリの開発 当教室では、段階に応じたカリキュラムを組んでおり、プログラミングに慣れてくると次にレベルに合わせて、パソコンゲームやアプリの開発などを学びます。 […]
PAGE TOP