山口県宇部市のロボット・プログラミング教室、アクシオン

SQL Serverでデータベースミラーリング(その3) - アクシオン

SQL Serverでデータベースミラーリング(その3)

ミラーリング設定準備に入ります。

データベースのバックアップ

元になるデータベース(プリンシパル)のバックアップが必要になるのですが、「完全復旧モデル」でないといけないようで「単純」「一括ログ」はミラーリングがサポートされてないようです。

まずは「完全復旧モデル」になっているかを確認します。

Microsoft SQL Server Management Studioを起動してインスタンスに接続します。

対象のデータベース名で右クリックして「プロパティ」を開いて「オプション」をクリックします。

「復旧モデル」が「完全」になっていない場合は変更して「OK」をクリックします。

データベースのプロパティ

 

バックアップは2つ必要です。

「完全」と「トランザクションログ」の2種類

対象のデータベースを右クリックしてバックアップ

「バックアップの種類」で「完全」を選択して、その他の設定ができれば「OK」をクリックする。

データベースのバックアップ

 

「バックアップの種類」で「トランザクションログ」を選択して、その他の設定ができれば「OK」をクリックする。

バックアップ先は完全バックアップのファイルに追加します。

データベースのバックアップ

「完全」と「トランザクションログ」の2つをバックアップしましたが、作成されるファイルは1つです。

 

 

バックアップからの復元

ミラー側での作業になります。

データベースがまったくない状態で「完全」と「トランザクションログ」同時に復元できそうな気がするのですが、なぜかうまくいかないので「トランザクションログ」のチェックを外して「完全」のみを先に1度復元しました。

データベースの復元

 

上書きするにチェックをして復旧状態は「RESTORE WITH RECOVERY」のままで行います。

データベースの復元

 

もう1度データベースの復元を開いて、今度は「データベース」と「ログ」にチェックしたままで「オプション」を設定します。

データベースの復元

 

上書きにチェックして復旧状態は必ず「RESTORE WITH NORECOVERY」に設定します。

どうもここが重要なようです。

設定ができれば「OK」をクリックして「完全」と「トランザクションログ」を復元します。

データベースの復元

 

復元が完了するとデータベース名の後ろに「(復元しています…)」と表示されます。

これでミラー側の準備完了です。

データベースの復元

 

SQL Serverでデータベースミラーリング(その2)
SQL Serverでデータベースミラーリング(その4)

前後の記事

まずは無料相談をご利用ください。

アクシオンでは各種多様なプログラミング学習カリキュラムをご用意しております。

プログラムに興味を持ち始めた子どもさんから、もっと本格的なことを習いたいという方まで、幅広いカリキュラムでそれぞれのレベルに合わせた学習を提供しております。まずはお気軽にご相談ください。相談は無料です。

無料相談についてのご相談はこちら

ソーシャルボタン

こちらの記事も読まれています。

PAGE TOP