山口県宇部市のロボット・プログラミング教室、アクシオン

Intel Matrix Storage Consoleでボリューム拡張方法(備忘記録) - アクシオン

Intel Matrix Storage Consoleでボリューム拡張方法(備忘記録)

500GBのHDDでRAID1の状態から容量を2TBに増やすため、同期をとりながらHDDを1台ずつ交換してボリュームの拡張を行う方法

まずはHDDの1台を2TBに交換してWindowsを起動する。

「Intel Matrix Storage Console」が自動的にリビルドを開始する。

同期が完了したら、シャットダウンしてもう1台のHDDも同じ2TBに交換してWindowsを起動する。

再度「Intel Matrix Storage Console」が自動的にリビルドを開始する。

「Intel Matrix Storage Console」を起動してRAID1のボリュームが完全に同期していることを確認する。

Intel Matrix Storage Console

 

拡張したいボリュームで右クリックして「Modify Volime」をクリックする。

Intel Matrix Storage Console

 

ウイザードが開始される。

Intel Matrix Storage Console

 

選択されているボリュームを確認して「次へ」をクリックする。

Intel Matrix Storage Console

 

「Volime Capacity Expansion」をチェックして「次へ」をクリックする。

Intel Matrix Storage Console

 

「完了」をクリックする。

Intel Matrix Storage Console

 

ウイザードが無事に終了するとリビルドが開始されるので終了するまで待ちます。

Intel Matrix Storage Console

 

リビルドが完了した後はWindowsの再起動を必ず行います。

RAID1で構成しているボリュームが500GBから2TBに増えているはずなので、後はOS側でボリュームの拡張をすれば完了です。

 

前後の記事

まずは無料相談をご利用ください。

アクシオンでは各種多様なプログラミング学習カリキュラムをご用意しております。

プログラムに興味を持ち始めた子どもさんから、もっと本格的なことを習いたいという方まで、幅広いカリキュラムでそれぞれのレベルに合わせた学習を提供しております。まずはお気軽にご相談ください。相談は無料です。

無料相談についてのご相談はこちら

ソーシャルボタン

こちらの記事も読まれています。

  • SQL Serverでデータベースミラーリング(その2)SQL Serverでデータベースミラーリング(その2) データベースミラーリングの続きです。 「SQL Server のサービス」をクリックします。   ワークグループでミラーリングを構成する場合「SQL Server […]
  • WeDo2.0のモーター誤動作の回避WeDo2.0のモーター誤動作の回避 WeDo2.0のモーターを動かしたとき、プログラムで指定した向きと一瞬違う動きをすることがあります。 何度動かしても前回モーターを動かしたときの向きを覚えているとしか考えられない動きです。 原因はよくわかりませんが回避方法をみつけました。     一度パワーを「0」に設定してから回転方向を設定し、最後にパワーを設定すると、指定した方向 […]
  • ロボットプログラミング教室(プログラミングスクール・プログラミング塾)の特徴ロボットプログラミング教室(プログラミングスクール・プログラミング塾)の特徴 プログラミングは、コンピューターを動かすための指示書をパソコン上で作る作業になります。この指示書を作ることで、ロボットを動かすことができるのです。難しそうに感じるプログラミングですが、慣れれば色々な応用ができるようになり、可能性は無限大です。近年では、子供のロボットプログラミング教室は、親が習わせたい習い事で大注目されているのです。 […]
  • SQL Serverでデータベースミラーリング(その4)SQL Serverでデータベースミラーリング(その4) いよいよミラーリング構成の設定です。 元になるデータベース側(プリンシパル側)で右クリックし、「タスク」「ミラー」を選択します。 プロパティが開いたら「セキュリティの構成」をクリックします。   「次へ」をクリックする。   今回は監視サーバを設置しないので「いいえ」を選択して「次へ」をクリックします。 […]
  • レゴロボットを使ったプログラミング教室レゴロボットを使ったプログラミング教室 当教室のロボットは、レゴを使用しています。ただ、ロボットを動かすプログラミングをするだけでなく、グロックを組み立てることから行うことで、手で感じて目で見て、空間を捉えるという感性を育んでいきます。ギアやモーターの仕組みも理解しながら、力学なども作業を通して体で学ぶことができます。 […]
PAGE TOP